HOME > 公共 >

美術館・博物館

人気ランキングを実施しています。 は相互リンクサイトです。

  1 - 8 ( 8 件中 ) 

大阪市立科学館


更新日:2011/11/26(Sat) 21:19
[修正・削除]


大阪市立科学館(おおさかしりつかがくかん)は、大阪市北区中之島にある科学館。テーマは「宇宙とエネルギー」。

大阪市制100周年事業として、関西電力から65億円の建物設備の寄付を受けて1989年に開館した。前身は、日本で初めての科学館であり、かつ初めてプラネタリウムを導入した大阪市立電気科学館(開館は戦前の1937年)である。
常設展示では参加型を中心に200のアイテムがある他、サイエンスショーなどが行われている。また、世界5位の直径26.5mのドームでのプラネタリウム・オムニマックス(IMAX)による天体の映写のほか、2004年7月にプラネタリウムが全天デジタル映像装置を組み合わせた次世代の施設としてリニューアルオープンした。2008年7月18日には展示場がリニューアルされ、東洋最初のロボット(人造人間)とされた學天則を復元した実物大の動態模型が公開された。友の会は会員1050人、ジュニアクラブで170人を擁する。科学の書籍やグッズを販売するショップと、カフェを併設する。・・・・・

以上wikipediaより

交通科学博物館


更新日:2011/11/26(Sat) 21:20
[修正・削除]


交通科学博物館(こうつうかがくはくぶつかん、英語:Modern Transportation Museum)は、大阪府大阪市港区波除3丁目11番10号にある交通・科学に関する博物館である。
大阪環状線弁天町駅の高架下にあり、西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有し、財団法人交通文化振興財団が運営している。

以上wikipediaより

大阪市立自然史博物館


更新日:2011/11/26(Sat) 21:20
[修正・削除]


大阪市立自然史博物館(おおさかしりつしぜんしはくぶつかん)は、大阪市東住吉区長居公園にある自然史系博物館。
人間をとりまく自然について、その成り立ちやしくみ、その変遷や歴史について、研究、資料収集、展示、普及教育活動を行う博物館施設である。現在博物館が位置する長居公園内に開館したのは1974年(昭和49年)4月であるが、その前身である旧自然科学博物館は1950年(昭和25年)11月に大阪市立美術館内に開設した。1952年(昭和27年)には博物館相当施設に指定され、その後移転して1957年(昭和32年)から1973年(昭和48年)までは大阪市西区の元靱小学校の校舎を改造した建物で開館していた。「大阪市立自然史博物館」という名称になったのは長居公園への移転以降であるが、2001年4月に特別展「50周年だヨ!標本集合!!〜自然史博物館の歩み〜」を開催していることから、対外的な博物館の創立年は1950年としている。・・・・・

以上wikipediaより

大阪歴史博物館


更新日:2011/11/26(Sat) 21:21
[修正・削除]


大阪歴史博物館(おおさかれきしはくぶつかん、Osaka Museum of History)は、大阪市中央区のNHK大阪放送局に隣接して建つ大阪市立の博物館。館長は脇田修。

古代の首都・難波宮(なにわのみや)史跡公園の北西端に2001年開館した。設置は大阪市教育委員会。地下1階に難波宮遺構が保存され、ガイドツアーによって見学が可能。
館の前身は大阪城公園内に昭和35年に開館した大阪市立博物館(旧陸軍第四師団司令部庁舎、類似した名称の大阪市立自然史博物館は別のもの)である。歴史系博物館の先駆的な存在であり、史料あるいは資料を持たず“ゼロから出発”した開館以来、市民に支えられ、とともに歩み続けた結果、平成17年度の時点で館蔵資料は10万点を超えている。まさに「市民博物館」と呼ぶにふさわしい博物館である。・・・・・

以上wikipediaより

国立国際美術館


更新日:2011/11/19(Sat) 19:45
[修正・削除]


国立国際美術館(こくりつこくさいびじゅつかん、The National Museum of Art, Osaka)は、大阪市北区中之島にある、独立行政法人国立美術館が管轄する美術館である。収蔵品は第二次世界大戦以後の国内外の現代美術が中心だが、現代美術以外の企画展なども開催している。設立は1977年。当初は大阪府吹田市の万博記念公園にあったが、2004年に現在地へ移転した。
2006年の年間入館者数は約179万人で、国立の博物館・美術館で最多。

以上wikipediaより

大阪府立現代美術センター


更新日:2011/11/19(Sat) 19:46
[修正・削除]


大阪府立現代美術センター(おおさかふりつげんだいびじゅつせんたー)は、大阪府大阪市中央区にある美術館。1974年設立。2000年に現在地に移転した。
「現代美術コンクール」などの公募展主催や新進作家を紹介する展覧会企画、ヨーロッパ諸国との芸術家交流事業など新しい才能の発掘と、国内外の美術情報の提供を主たる目的とする美術館施設である。公募展入賞作品など現代版画を中心に約7,500点の作品を所蔵する。

以上wikipediaより

大阪市立東洋陶磁美術館


更新日:2011/11/19(Sat) 19:48
[修正・削除]


大阪市立東洋陶磁美術館(おおさかしりつとうようとうじびじゅつかん)は、大阪府大阪市北区中之島一丁目にある美術館。 住友グループから寄贈された安宅コレクション(あたか - )と呼ばれる東洋陶磁コレクションを核として1982年に設立。

高麗・朝鮮時代の朝鮮陶磁、中国陶磁を中心に、国宝 2件、国の重要文化財 13件を含む約4000点が収蔵されている。この珠玉のコレクションは1977年(昭和52年)に経営破綻した大手総合商社だった株式会社安宅産業および創業家二代目の安宅英一会長が収集したものであった。安宅英一は社業の傍ら東洋陶磁のコレクション形成に心血を注ぎ、他のコレクターの名品も次々とここに収集していった。・・・・・

以上wikipediaより

大阪市立美術館


更新日:2011/11/19(Sat) 19:36
[修正・削除]


大阪市立美術館(おおさかしりつびじゅつかん)は、日本の大阪府大阪市天王寺区にある美術館。館の所在地は住友家本邸のあった場所で、住友家から美術館の建設を目的に日本庭園「慶沢園」とともに敷地を寄贈され、1936年(昭和11年)に開館した。名誉館長(前館長)は蓑豊。

以上wikipediaより

  1 - 8 ( 8 件中 )